· 

木のように

あるものを、ある環境を喜んで生きられれば軽やかな良い人生を歩めると思います。

そうした事に気が付いて、そのような気持ちになれれば心がスーッと落ち着いてきます。

木は何かを求めずに木としてあり続けます。在るべき姿で自然の摂理の中で最善の在り方をしています。

人だって欲に翻弄されないで在るべき姿で生きていければと思います。

が、しかし、

やはり何かしらの刺激があると落ち着いた心が容易に揺れ動きます。昨日は出来たと思っていた心のコントロールがすぐに効かなくなります。

生まれてからずっと人が作ったものの中で生きてきたのです。何世代も前から。

そう簡単に変われません。

でも、変わろうとしなければ変われません。

上手くいくときもあれば、いかない時もあります。

上手くいく時が少しづつ増えていけばいつかさっぱりした気分で安定出来るかもしれません。

力を抜いて、即興で、頭より反射で対応です。