· 

終わりへ

クリスマスが終わったらすぐに年末だ。

何事も始まったら終わりがくる。
そう。何事も。

時は1方向にしか進まない。今年が終わると新たな年になるけれど、今度は平成の終わりが近づく。

何事も終わりがくると同時に始まりがある。

暦の終わりは明確にわかることだけど、確実に終わりに近づくのにいつ終わるかわからないものが実はたくさんある。

命がそうだ。
生まれた時から。受精した時から。終わりへの旅が始まる。
仕事だって急に倒産や解雇があれば終わる。選手生命。恋。友情。

こうした終わりが分からないものは感じるしかない。
気配で感じていくしか。

気配を感じながらも最後の最後まで何とかしようと気持ちを切らさないことだ。

それで持ちこたえるかもしれないし、ダメでも良い次へ繋がりやすいはずだ。

命の場合次はないじゃん!と思うかもしれないけれど、次がないことは証明されていないのだから
やはり最後の最後までやるべきだ。あってもなくても。