· 

人の海に手を入れる

自力で生きてきたようなところがございまして(もちろんそんな訳はないですが)、人のいう事も聞かないで個人主義で長らく生きて参りました。

今の子供らなどはインターネット、スマホの時代ですのでそういう生き方になる人も増えていくのかもしれません。

なかなか人の輪に入れず、会社に入ると「人脈が大事だ!」と言われ勘弁してくれ、と思っておりました。人脈が大事!コネが大事!学閥が大事!と会社の人達は本気で言っているのかといつも耳を疑っておりました。

人脈だ、コネだ、というのは何か利用価値の匂いがして聞きたくない言葉でした。

自分にとって利用価値があるか、ないか?
そんな事は考えたくない訳です。

でも社会には、お店の人も隣人もお掃除の人もいて、皆ロボットではなく人なのです。イチイチ自分にとってどうこうと考える間もなく生きていれば人人人です。

この人達は人脈ではないですが、思惑もなく一つ一つ接するわけです。
お店でありがとうございました、って言って帰ったり、隣の人にあいさつしたり、困ってる人がいたら手伝ってあげたり。

個人であっても、今後もやりとりがあるかないか分からない人に良くするのです。
知ってる人には挨拶して、笑顔でやっていくのです。

そうやって人の海の中に手を突っ込んでみて、自分なりにグルグルかき混ぜてみたら何か面白いかもしれないなぁ、なんて思います。

相も変わらず個人でチョロチョロやっていますが、人様との関わり方は少しづつ変わっているようです。