· 

過去を忘れる 未来も忘れる

過去の失敗や嫌な出来事があり、当時は「これが上手くいかなかったら死んでしまう!」くらいに思っていたとします。

そして、ちゃんと失敗してず~んと落ち込んだり致します。ダメだったなら青くなって、「どうしようか?」ともなったことでしょう。


そんなことが人生では何度かあって、それでも生きている人は何とかやってきたわけです。その人達がいつも「あの時の」失敗を考え続けているか、というとそうでもなく案外TV観て笑ってたりします。何日か、何カ月か、あるいは何年かは引きずることもあるかもしれませんが。そのうち違う執着を見つけて頑張ります。

そう、なんだかんだで忘れるのです。
当時は相当に執着していたことのはずですが、振り返るとそうでもない。次に更新されます。

ですから、今「執着している物事」が上手くいけば結構ですが、いかないならいかないでいつか忘れるのです。それは過去の無念が証明しています。

どうしてもどうしても!という気持ちでは物事は上手くいきにくいですが、「ダメでもまた忘れる」という習性を頭に入れておくと落ち着けます。

未来で起こることも忘れるんだ!という前提で生きたほうが、上手くいく未来をつかみやすいような気がします。