· 

もう一人の自分

心は暴走機関車だから懸念事項があれば、いつの間にか捉われる。そして、ありもしないことを悶々と考える。不安が出てきたり、恐怖が出てきたり。
こうしたことは不毛な事で意味はほとんどない。
だけど暴走機関車は暴走したり妄想機関車になったりしてあらぬ方向に舵を切る。

その行き先は崖だったり行き止まりだったりする。まず良いところには行きつかない。

厄介なのは無意識に捉われが立ち上がり、勝手にドンドンと不安、妄想を膨らませる点だ。誰かに止めて貰わないとならない。

そんな時は自分の中にもう一人の冷静な自分を置いておく。
考えがおかしな方向にいったら「また始まってるよ。」と教えてくれる自分がいるといい。

教えて貰ったら違う事を考えたり、何かしたりして囚われから抜けていく。

これを繰り返すしかないかもなぁ、なんて思っている。