· 

多角的に

人間には不思議な力がある。
科学が不思議を不思議でなくしていくけれど、未だ不思議に満ちている。

ロルフィングも不思議で筋膜のワークも不思議だ。筋膜一つとってみても未だに解明しきれない。

我々のワークで筋膜に反応が起こって緩んだり縮んだり自己調整をしたりする。筋膜はあらゆるものを包んでいるわけだから内臓、骨、神経、血管なんかも同じように反応する。

免疫の本を読むと自律神経、エネルギー代謝経路、ミトコンドリアと理解が進む。ロルフィングの中に含まれている副交感神経系へのワークに可能性を感じる。膜がどうなるかはさて置いて神経系の切り替えで大きくシステムを変える。ストレスと戦う。病気になりにくくなる。
こういう側面から考えると今の時代に必要なのはむしろこちらへのワークだ。

ストレスは精神の強さによって耐性が違う。強い精神は強い肉体に宿る。
だからある程度強い肉体を維持すること、ケアすることも大切。
精神の方を鍛えること、コントロールすることも大切だ。

精神・心の方はこれまた奥深い。身に見えないから言葉を並べたって仕方がないけれど。
集中や我を無くすことで白く白くなると消えた分、情報が入ってくる気がする。
何で気が付かなかったのだろう?と思えるような気づきであったり、フッと降ってくる機会であったり。

あらゆる角度からあらゆる可能性を考える。
そうすることでやがてまとまって分かってくる。
出来てくる。

きっとそうだ!と思ってる。