· 

ハードルは低く

ふと思うことがあります。

あぁなったらいいな。こうなったらいいな。

簡単に考える割にそれは現実的ではない大きな夢だったりします。

確率の低い事もやはり「上手くいくといいな。」と思ってしまいます。何かやるなら最大限の成果を妄想します。

そして、大きな事を期待していると踏み出す1歩目からコケます。ゴール地点での世界記録を期待するのに一つ目のハードルの前にコケてしまうのです。期待の度にレースはあっていつもいつも1歩目でコケる。当然期待した事は一つも起こりません。それでもふと気が付くと「あぁ、なったらいいなぁ。」とやってしまうのです。

どうすればいいのか?ですが、まずはじめの1歩目でコケないように対策するしかないでしょう。ゴールだけ見ていては足元が疎かです。1歩目が上手く行ったら2歩目、最初のハードル・・・とやっていくしかない。まずは完走を目指す。

ちょっと頑張ればできそうなところからやるしかないのです。

まずは最大限の期待を捨てて、小さな1歩目の為のことを。
期待を捨てられれば、無限に続く「こうなったらいいな。」の渦から少し距離をあけられます。

そんな風にしようと思います。