· 

健康寿命

100歳時代などと言われて寿命が延びている。

昔は60歳はおじいちゃんという感覚があったけど、今はまだミドルって感じがする。

ところが寿命が長くなっても寝たきりだったり介護が必要だったりだと歯がゆいことだろう。認知症なんてのも気をつけないといけない。

お客さんでもジムでたくさんレッスンを受けて備えている人がいる。やり過ぎると身体を壊すのでやり過ぎなければいいと思う。筋トレはバランスが自然な形から離れていくと思うので、上手くやるべきだと思う。
一番いいのは歩くことだろう。走ると膝や腰を痛めるリスクがあるが、歩くのなら大丈夫だ。全身運動であり左右対称に身体を使う。
泳ぐのも水中ウォーキングも良いだろう。粘膜が強くなったり、免疫力が上がったりするらしい。
なんにせよノルマにしてストレスにしないことも大切だ。
こんなことで身体を使い続けることで十分だと思う。

ボケだなんだ、という部分は人と話すこと。
ネットだテレビだとずっとハマっていると話すことが減る。スマホも電話として使わなければ同じだ。話すことは結構頭を使う。笑ったり怒ったりと感情も動けば刺激は増える。まぁ、怒ると身体を壊すから怒らないように怒らせないように話すだな。

麻雀なんかも良いらしい頭、言葉、指先と色々脳に良い事がある。点棒計算とかもあるし。

料理も相当良い脳への刺激があるらしい。

ロルフィングをやるような人達はきっとその先の人生の健康も視野に入れている。
ボケないで身体を元気に使い続ける。
人の手をとらずに元気で長生きする。

そのために1回ロルフィングを通っておくとその先は違うと思う。