· 

疑い

長い間この身体と心と共にこの世界で過ごしてみて思う事がある。

自分は何だ?という事。

20代前半くらいの時に色々考えた。でもしっくりくるものはなかった。

人と仲良く出来ないのはなぜか?なぜ人と共感できないのか?繋がれないのか?

そんなことも考えなくなって、その時のまんまの自分で生きてきて最近思う。

少し身体と心がマッチしていない。
心の部分は他の所からきていて、たまたま今の身体を借りてここの世界を覗いているような感じがする。感覚的にも「人間ってこう感じるんだよ。」っていうのを体感できるように荒く心と身体が繋がれている。人間体験させてもらっている。

本当の居場所はもっと別にあって、もっと違う感覚があるのだけど今はこの身体に繋げてもらって体験しているんじゃないかと思う。

だからどこに行っても何をしても外様な感じ。内に居るのに外から見ている感じがいつもしている。

よくふざけて「早く人間になりた~い。」って妖怪人間ベムのセリフを使うのだけど、あながち間違いではないのかもしれない。

最近はこんな風に思わせられるような感じ方をよくしている。

さて、自分は何なんだ?