· 

考えないこと

人間はなかなか淡々とは生きられない。

あれやこれやと考えても仕方がないことが頭に浮かんでくるものだ。悲しみ、不安、欲望。
同じ仕方ないことでも嬉しくて喜ばしいことが次々浮かんでくればいいけれど、どうもそういう人は少ないらしい。

どちらにしてもこういうものは仏教では煩悩とかいう。
そして、こうした考えても仕方ない事を頭から追い出すために瞑想というものがある。

座って眼を瞑ってやるアレだけではなくて。四六時中頭の中は現在の身体の動きの実況中継をやる。これをヴィパッサナー瞑想という。

こうやって思考を追い出して悟りを目指す人達もいる。

ただ現実の世界を生きているので考えるべきことは考えればいい。
考えても仕方がないことを考えていることが良くないのだ。
考えている最中に心がマイナスに振れると身体にもマイナスが出てくる。
そこを振り切ると現実にもマイナスが起きてくる。

考え始めるところはオートで始まるのだから止められない。
始まりを捉えて消す。
「あっ、今不毛なことを考えてる。」と気づく。
そこから考え続けるのか、イカンイカンと振り切るのか。

今振り切れ始めている自分がいる。
出来てくるとどうなっていくのか。
少し静かな中身は感じる。