· 

コアセッション

バランスが取れているなぁ、と思う人であってもコアの部分まで自力で整っている人は稀だ。

ロルフィングでは始めの3セッションは表層のセッション。この辺りは自力で整っている人もいると思う。ただセッション3の表層とコアの間にあたる腰方形筋という部分までワークが及ぶと怪しくなってくる。ここはだれでもそれなりに負担がある。

そしてセッション4になると本格的なコアセッション。この辺から(正しく)使えてなかった自分の身体に気が付いてくる。4だと内転筋群、骨盤底。5で大腰筋、腸骨筋。6は仙骨周り、梨状筋というところだろうか。

パッとみてバランスが良くても、それは表層に限ってのことかもしれません。誰が受けてもコアセッションには新鮮な発見はあろうかと思います。

表層のセッションは、重力線に沿った身体のセンターラインを作る準備に過ぎません。
コアセッションから身体は別の領域に進み始めます。

そこに踏み出すにはまずは表層セッションから。

次第に深く繊細に。