· 

崖っぷち

人生ずっと崖っぷち。

いつからだろう?

崖っぷちではない時も確かにあった。

平坦な大通り。

行き先が分かる道。

そこを独りで歩いてた。

道の先には崖はない。豊かさがある。

道から見えるのは人工物でそこを独りで歩いてた。

安定があって、安全があった。先には豊かさもあった。

でも、それだけだった。


それらの為に生まれたのか?得たって寂しい気がした。


それから脇道にそれていつも崖っぷち。あらゆる方向が崖になった。

それでも落ちずにやっている。

その先に求めていたものがあるのか分からない。

危ない道を歩いて歩いて何が見えるのか?

危機的状況がひっくり返ってこそ見えるものがあると信じたい。