· 

人の円

自分というものがあって、何かを求めるものがある。求めるものとご縁があるかはわからない。
ない場合の方が多いかもしれない。
そこには苦悩が生まれる。

逆に求められることもある。自分もそれを求めているかどうかは別として。
この場合は求められようとしているわけではないので楽だ。こちらがどうこうしなくても自然とやってきて、こちらも自然でいられる。
こういうのはご縁があるのだろう。

人はもっと良いものをと外へ外へと求めていく。しかし、不思議なことに求めるほどに対象は離れていく。では求めなければやって来るのか、というとそうでもない。より自然に離れていく。

ないものはないけれど、あるものはある。
それで満足すればいいし、その中でいられれば楽だ。

求めて求めて苦悩しても人の円は広がっていかないのかもしれない。
僕はそう感じる。

それよりも求められることで無理なく楽しくやっていくことでその円は広がりを増していくのではないだろうか?
そういうところにきっと縁というものはある。

無理して求めていびつなバランスの上に立ってもやはりモロいものだろう。