· 

ずっと野暮に生きてきたんだろうな。


そういう風に育ってきたし、そういう風に育つ土壌が日本にはあるのかもしれない。

粋に生きた人達は江戸の頃。色々と社会は変わって下町なんかにはそういう粋な人達も残っていたのかもしれない。今はどうだろう?ちょっと分からない。

僕自身、粋を感じる大人を知らないから、お手本がいない訳だ。

損得、合理主義でいくと野暮になる。でも社会の土台は今そういうところにある。

野暮はしない!と決め込みたいところだけど、染みついた野暮があってなかなか難しい。

スパッと、カラッと義理人情。

一種の憧れなのかもしれないな。