· 

分かれ道

今は偶然の今なのだろうか?
自分で選択して生きてきている部分もあれば、何となくきている部分もある。

良かったと思う選択もあれば、失敗したと思うものもある。

選択するたびに分岐して大きくも小さくも方向が変わる。

今を遡ると普通の生き方をしていたら経験出来なかったような事、不思議な事、不思議の世界の人達を通り抜けてきている。会社員を辞めた選択から不思議の方向に流れている。

しかし、不思議に出くわすか否かも紙一重だ。

ロルフィングの学校でもクラスの選択によっては、不思議な事にも不思議の住人にも出会えない。見るもの、起こることには意味があるわけだから僕が見るべき、出会うべきことだったのだろうと思う。選択は自分でしているが、そう選択するように仕組まれていたようにも感じる。

選択は紙一重。時間・タイミングの選択。

いつ行くのか?今日か明日か?いつ帰るのか?今か後でか?

判断が容易なこともあれば、迷って迷って辿り着く場合もある。

タイミング次第で天国と地獄という違いもある。

不思議に出くわすのは偶然か?それとも仕組まれているのか?
この不思議な事に意味があるのか?ないのか?