· 

からだ

素振りしている時はあまり身体がどう動いているのか感じない。足腰が上体を支える為に力んでるのは感じる。上半身は動的で捉えられない。

ストレッチの時は感じる。静的な方が感覚するのは容易だ。制限がどこにあるのかが分かる。ピリピリ痛んで神経を感じる。

動きに動員されるのは筋肉だけじゃないんだと確認する。
骨が動く。構造的に関節が不自由だとこれも制限になる。動くことで神経が引っ張られたり圧迫されたりすると痛みや痺れも感じる。

内臓も動くし、お腹が鳴ることもある。心臓はいつもドクドクいってる。体液。リンパ。細胞。ミトコンドリア。

意識。オーラ。気。電気。空間。

どこまでが身体だ?

物質の括りは外すと宇宙そのものまで広がってしまう。
身体の事を考えるとどこまでも広がって、あらゆる可能性を感じてしまう。

だから面白いのだ。
どこまで出来るのかっ?ていうのはロマンがある。