· 

からだ

からだというのは不思議だ。


鍛えればいいのか、というとそうでもない。

K1が人気だった頃、アンディ・フグ選手は徹底的に身体を鍛えて、水も温めてからでないと飲まなかった。徹底的に身体を管理した。
そして病気に罹って若くして亡くなった。

単純ではないのだ。

精神とか心が身体に与える影響は生活環境よりも大きいのかもしれない。
追い込まれることで胃が壊れる、お腹を下す、毛が抜ける。

だから身体は外から中からと気をつけないといけない。

あとは生まれつきの事がある。
遺伝というやつだ。生まれた時から平等な身体ではなくて、生まれた後も平等ではない。
ガンの家系とかハゲの家系とかいうやつだ。

血のつながり、遺伝のつながり。
辿っていくと前世だなんだ、という話になっていく。

占い女子が好きな前世の話なんかも案外無駄なことではないのかもしれない。

先祖が外人だったら特定の語学がやけに得意だったりするかもしれないし、漁師だったら乗り物酔いしないかもしれない。そんな流れが人類誕生以来続いている。
何かしらの才能は誰でもあるのだろう。それが今の人生で見つかるかどうかは別として。

身体から出ているものもある。
気とかプラーナとかオーラとかいうやつ。
これは分かる人は分かる。そして人によって違う。
身体を生きている前提でいうならば、気も含めての身体だろう。
こいつも身体の情報だし、遺伝の影響も受けているだろうと思う。

超能力だなんだ、というのもある。
僕にはないけど、超能力とか霊能力とかを持った人はたくさんいる。
ちょっと身体を超越しちゃってる場合はあるけど。

そんなことで身体っていうのは、単純ではなくてあらゆる不思議を含んでいる。
この不思議の海をわかろうとするにはあらゆる方向からアプローチするべきだろう。

みなさん面白い器に入りましたね。
人間ってのは面白い。