· 

春の眠気と花粉症

冬に比べて春は日の出が早い。気温もいくらか上がる。朝が楽になると思いきや、毎年春にこそ起きるのに苦労する。

逆に冬の方が寒さに苦しみながらも気合を入れて起きられる。

春は冬より遅く起きるのにも関わらず、起きてからも眠い。なぜだろう?

話は変わって、今年は今のところ花粉症にかかり切っていない。鼻水が止まらないこともなければ、涙もない。くしゃみはたまにあるものの大して困らない。
ただマブタが少し重く、頭がややボーっとしている。多分花粉症の1歩2歩手前くらいのアレルギー反応なのだろう。

ここまできて「ハッ!」と気が付いた。なぜ春は眠いのか?
恐らく程度の差こそあれ花粉症での目の重さと頭のボンヤリが眠気を引き起こしている。
朝の寝起きの目の重さは二度寝を誘発する。頭のボンヤリは気合を入れて起きることを妨げる。
だから陽気は良くなるのに起きられないのだ。

頭はボンヤリしているが、春眠いのが納得出来てスッキリした。
起きるのは遅れているが、昨年の春よりよっぽど早いし まぁいいか。