· 

思考は短く行動を早く

以前片手を骨折か何かで吊っていたお婆さんが階段の前で荷物を置いて携帯を使える方の手で操作していたことがありました。スッと追い越して「あっ、手助けが必要かな?」と思った時には他の人が声をかけていました。

まず状況判断があり、その後で思考が入ります。声をかけようか、かけまいか、の迷いも一瞬入り、その為に間に合わない状況となります。

昨日は駐輪場で奥に停めた自転車の人が手前の自転車で出づらくなっているのを見つけました。一度通り過ぎましたが、今回は思考が間に入らないでカラダが先に戻り出して手前の自転車をどけてあげることが出来ました。次回の課題は状況判断を早くすることです。通り過ぎるのは避けたい。
また同じ日にはベビーカーの為にドアを開けて待って置くことも出来ました。これは観察と予測によって動けました。

まだまだ十分ではないですが、以前だと間に合わなかった事が少しづつですが間に合うようになってきています。状況判断、思考を越えると反射でカラダが動くようになるはずです。理屈なしで正しい動きが先に出てくるのが理想です。

それができたから何だ?と言われればそれまでですが、こういった1円にもならないことの精度を上げていくことで遊ばせてもらっています。