· 

着陸

最近ワークの最後の統合の部分が面白いです。特に仙骨の動きを出すところでは、感覚が変わりました。良く変わったのかどうか分かりませんが、最後に立ってもらった姿勢を観ると以前より良い統合状態になっていると感じます。

仙骨の動きを出して、リズムを落ち着けて、スムーズになるようにすること。呼吸も落ち着くことなどを観て統合終了としていましたが、今はもう1つの要素が気になるようになっています。

それはカラダの騒がしさです。リズムが落ち着いていない時には全身が騒がしいですが、波が整うにつれて次第に静かになっていきます。徐々に徐々に高度を下げていく飛行機の着陸に似ています。今日は仙骨の左側の騒がしさが最後まで残りました。左側は今日のお客さんがちょうど不調に感じていたところです。しかし、そこ以外は静まり成果は上々でした。

この騒がしさに関しては、僕が静まるのを待っているようにも感じるし、僕が徐々に意識を使っておさめているようにも感じます。

これが色々分かってくるまでは統合のマイブームは続きそうです。