グラデーション

以前「葛飾北斎展」を観に行った時に、グラデーションが多くて美しいなぁ、と感じました。海でも空でも山でもグラデーションがあるほどに美しく感じるように思います。日の出、夕焼け、虹に紅葉。朝と夜の間、夕方と夜の間、色と色の間、夏と冬の間。変化の途中。

今日はほぼ枯れてしまった大葉を引き抜いて、我慢の冬に季節は向かっているのだと感じました。1年は暑さのピークと寒さのピークを行ったり来たりしています。日照時間は温度に先行して変化していきます。そう考えると春と秋は変化途中でありピークの間に当たります。

春ならだんだんとピークに向けて芽吹いていき、秋にはだんだん枯れたり散ったりしていきます。この変化を感じやすいグラデーションの季節は、美しいものが多いですね。

 

また、この変化の季節のおかげで徐々に冬用のカラダに順応もしていけます。
徐々に暖かく過ごせるように人間も変化しながらいきましょう。