ブログカテゴリ:ロルフィング



19.1,2月 · 2019/01/13
大体後半の統合ワークになると、僕の方の動きはなくなって静かなワークになる。この辺はもう心のワークになっている。 お客さんのリズムを引き出して自己調整を促す。心が無の方に近づくにつれ変化は深まる。 ある程度ある我。手からのビリビリ、額のビリビリ。 これは僕の方の反応。少しはコントロール出来る分、我が入る。...
19.1,2月 · 2019/01/07
昨年末に体験で腕が暴れた方がいた。 統合の頭のワーク中のことだった。 よく動いて、その後スッキリしたそうだ。 その方が今日からロルフィングスタートだ。 一回目のセッションは「呼吸」のセッション。 順調に身体が変化していって、概ね時間通りにおさまるペースで統合のワークまできた。 今回も何か起こるのだろうか?と少し期待感があった。...

11月・12月 · 2018/12/29
みること。 そして、考える。 みえるものは姿。そして、表情、しぐさ。眼の奥。 それらから感じとる。 総合すると心の奥が分かる。 いい時は気にしないしならない。 ただ写ってきたものが、攻撃性や嫌悪だった時はどうにもならない。なぜだ?何だ?と動揺する。 まずは立場を置き換えて考える。それで何か分かりかけることもある。正解の保証はないけれど。...
11月・12月 · 2018/12/24
ワークの最後はインテグレーション。統合だ。 後頭部を両手で抱えて動きを促す。背骨の動きと頭蓋の呼吸を引き出す。 何となくお客さんの手が動きそうな気配がある。ビクンビクンと始まるかなぁ、と思った。 誰でも起こる反応ではないけれどたまにある。...

11月・12月 · 2018/12/16
ちょっと場面は忘れてしまったけど、恐らく静かなワークの時の影響力を深める方法を聞いたのだと思う。 先生は「STILLNESS」と言った。 心の内の静けさだ。 こういうワークの時は変化を意図しない。意図はエゴだ。無心になるとか無我になるとかそういうことだ。 そうした状態に近づくほどに起こるべき変化は内側から起こる。...
11月・12月 · 2018/12/15
ワークが痛いという声がある。 痛みに強い人、弱い人色々いて、痛い方がやってもらった感がある人、ただ苦痛な人と色々いる。 なんとなく来る人達の傾向に引っ張られて、強め好きな人が続くと僕の普通にやっているつもりのワークも強めになっているかもしれない。...

11月・12月 · 2018/12/08
筋膜は緩めればいいのか? 実はそうでもない。 もし全部がユルユルになってしまうと張りがなくなる。力の伝達も上手くいかない。 だからと言って全部がガチガチに乾いて固まっていると身動きが取れない。 よくロルフィングでは身体をテントで例えるけれど、ロープを引っ張り過ぎると破けるし、ユルユルだと潰れる。...
11月・12月 · 2018/11/06
今日10シリーズを終えたお客さんがいる。 開始当初はジムでトレーニングしていることを楽しそうに話されていた。 僕も楽しいのならいいと思った。 ところがロルフィングをすすめていくにつれてどうやら価値観が変わってきたようでセッション8とか9あたりでジムを止めたという話になった。...

9月・10月 · 2018/10/13
人から「嬉しいことがあるとオキシトシンがドバーッと出る。」と聞いた。 何だか分からないけど、快楽物質か何かなのだろうか?エンドルフィンとかセロトニンなんかも良いとか何とか聞くけれど、オキシトシンはちょっと分からなかった。 図書館に行くと運よく「オキシトシン」という本があったので借りてみた。そんなに注目の物質なのか。...
9月・10月 · 2018/10/11
昨日電話が鳴った。 お客さんがギックリ腰になったらしい。 そんな訳で先の予約を前倒しして、今日セッションを行なった。 電話の時点では普通に歩けず、腰を曲げて歩いているということだった。 ロルフィングはセッション9の予定だったが、単発に切り替えて腰のケアをすることにした。 ところが、お客さんを観ると意外と大丈夫そうだった。...

さらに表示する