ブログカテゴリ:ロルフィング



19.3,4月 · 2019/03/18
セッション6。 個人的にワーク後の変化を伝えにくいと感じる回。 背面。特に仙骨周り。 仙人の骨って名前で英語名のsacrumは「聖なる骨」という意味。それだけ重要という事だ。 背骨の一番下という役割と両足のてっぺんの要石の役割がある。...
19.3,4月 · 2019/03/08
口や鼻から空気を吸って気道を通って肺に行く。 肺胞でガス交換。 酸素は血管内に入る。 赤血球内ヘモグロビン。 細胞に運ばれるとミトコンドリアがエネルギーを作ってくれる。二酸化炭素とか活性酸素も作っちゃうけど前者は呼気で出てくし活性酸素をやっつける酵素もミトコンドリアが作ってくれるとか何とか確か書いてあった。...

19.3,4月 · 2019/03/07
人間には不思議な力がある。 科学が不思議を不思議でなくしていくけれど、未だ不思議に満ちている。 ロルフィングも不思議で筋膜のワークも不思議だ。筋膜一つとってみても未だに解明しきれない。...
19.3,4月 · 2019/03/03
昔の日本。 相撲の文化。風神雷神図の肚。金剛力士像の肚。 腹筋が6つに割れていることに価値なんてなかったのではないだろうか? 強さは膨らんだ肚だ。肚の奥には丹田がある。 小腸には細胞以上の腸内細菌がいて、免疫の中枢と言われている。あるいは副脳という文化もあって肚を括るとかいう言葉に代表されるように判断の中枢にもなっていた。...

2019/02/20
ワークされている時に見える人達がいる。 何かの場面を見る人もいるけれど、色を見る人もいる。 今日は色々な薄めの色が入れ替わり出てきて最後は真っ白になって終わったらしい。 移り変わる色は何を意味するのか?性質?性格?先祖?エネルギー? 僕のエネルギーを揺らいでいる色として見る人もいた。これはいつも同じ色ではなかったと思う。...
19.1,2月 · 2019/02/19
物体へのワーク。液体へのワーク。空間へのワーク。 2学期の授業だった。 ワークが深まると物体、液体、空間へとワークの対象が変わっていく。 先生は液体のワークが得意だった。空間に関しては出来たり出来なかったりだったのだと思う。何となくだけど。(3学期の先生は空間のワーカーだったと思う。)...

19.1,2月 · 2019/02/17
今日は体験でエナジーワーカーの方がいらっしゃった。 プロの方だから感じ方も独特。 波はすぐに感じたそうだ。 ワークし始めに頭痛が出てそれが消えた。 エナジーワークを受ける時はビリビリと全身で感じるみたいだけど、今日は波を感じたそう。 僕のワークでビリビリを感じる人は割と多いのだけど、そういう反応ではなかった。...
19.1,2月 · 2019/02/15
触った瞬間から磁石のよう。 そう感じるらしいけれど、やっている方からそれは分からない。 もうエネルギーワークへの意識はない。今日はモモの前側にゾワゾワ走る。受け手も下半身にビリビリ感じたそうだ。これは勝手に反応として起こるから意識しないし追わない。何かが起きてるんだな、というところで。...

19.1,2月 · 2019/02/10
体験ワークした後で身体の感覚が変わっていることに気が付く人と気が付かない人の差はなんだろう? 見た目でも性格でも分からない。 雑談しながらやって終わって立ってもらった時、こちらから観て変わったところは分かる。肩の位置だとか重心だとかだ。 だけど相手がどう変化を感じているかは分からない。...
19.1,2月 · 2019/02/04
首までワークが進む。 少しお話しを止めて脳波を変える。 すると首の時点で指がピクピク反応する。 ここで反応するのは早い。 ピクピクしたまま時間いっぱい首をやって頭からの統合ワーク。 やはり両手、両腕が動き出す。 その後動きは胴、脚に及んだ。全身がビクンビクンと動き出す。身体のセンターの衝動の元がありそうだった。...

さらに表示する